普通の宅配食でも大丈夫!工夫しながら上手に糖質オフを心がけましょう

>

オフした糖質の代わりに別の栄養を加えましょう

糖質オフを補うのに必要な栄養とは

全てにおいて、物事には加減や塩梅というものがあります。
やみくもに糖質オフを実行すればいいのではなく、ルールがあることを知っておいてください。

糖質オフをするなら、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどを多く摂取することが重要です。
また、糖質は水分と結びついているので水分補給を十分に心がけることも大切です。

ただ、糖質も多いけれどビタミンCも豊富というように、食品の多くは複数の栄養素を含んでいます。
宅配食は、それらも加味した上で栄養バランスがきちんと取れるようなメニューになっています。
まずは、自分の好きな食べ物がどのような栄養で構成されているのか調べるとよいでしょう。

健康のために糖質オフを実行し、体調不良となるのでは本末転倒です。
補うべき栄養素を頭に入れて、宅配食のメニューと照らし合わせてみましょう。

宅配食をアレンジして栄養をプラス

宅配食の利便性は、一色の品数の豊富さと自分で食事を用意しなくてもいいところにあります。
そこは上手く利用して、賢く栄養を足してあげましょう。

手をかけなくて済むのは、豆腐やアボカド、ツナ缶などそのまま食べられる食品です。
宅配食を一品減らしたら一品補うようにすれば、栄養も摂れてお腹も満足します。

面倒でなければ、宅配食に少しだけ手を加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。
例えば里芋のそぼろあんかけなら、里芋を外して加熱したカブの上にあんをかければ一品完成です。
海藻でかさ増しをしたり溶けるチーズをのせたりすると、ぐっとボリュームアップします。

減らすばかりでは、気が滅入ってきて長続きしません。
宅配食のメリットを活かしながら、楽しく糖質オフが続けられるといいですね。


この記事をシェアする
B!