宅配食で糖質オフすることは可能?

普通の宅配食でも大丈夫!工夫しながら上手に糖質オフを心がけましょう

どの食べ物に糖質が多い?食べる量は?

宅配食と言えば、もともとは高齢者や食事療法の必要な人が利用するイメージでした。
しかし近年は、それ以外の人が積極的に利用するようになってきています。
理由は買い物や調理の時間短縮、栄養バランスの管理など、利便性によるものが大きい傾向にあります。

宅配食には弁当タイプと総菜タイプがあり、保存方法は冷凍・冷蔵・常温の三種類に分かれています。
食事のタイプにも普通食・制限食・介護食があり、それぞれメニューは豊富です。
そして、三食全てや夕食分だけなど、利用者のニーズに合わせて利用方法を決めることができます。
ライフスタイルの多様化が進む現代において、宅配食は非常に有用です。

その一方で、宅配食にかかる料金の問題については避けて通ることができません。
宅配食は送料もプラスされたりして、自炊やスーパーの総菜に比べるとどうしても食費がかさんでしまいます。
特に、最近注目されている糖質オフを考慮して制限食にすると、普通食に比べて少々価格が高くなります。
では、普通の宅配食を利用しつつ糖質オフをすることは難しいのでしょうか。

そこでこのサイトでは、宅配食を利用する上で糖質オフするにはどうすればよいかを、糖質の多い食品の除去・糖質オフを補う栄養分の摂取・宅配食の利用方法という三つの観点から検討していきます。
上手に工夫すれば、必ず宅配食でもお金をかけ過ぎずに糖質オフすることができます。
ご自分の日常生活と今後の費用や健康面との兼ね合いを思い浮かべながら、今後の参考にしてみてください。

宅配食にはどのような種類があるか知るのが糖質オフの第一歩

宅配食で糖質オフするには、まず糖質が多く含まれている食品を知る必要があります。 特に普通食は糖質制限されていませんので、自分で管理しなければなりません。 また、なぜ糖質オフをするのかという理由によって摂取量や対処方法は変わってきます。 自分の目的と照らし合わせながら、効率よく糖質オフを目指しましょう。

オフした糖質の代わりに別の栄養を加えましょう

宅配食は、基本的にカロリー計算されていて栄養のバランスが整っているものです。 糖質オフばかりに目を向けて選んで食べていると、身体に必要な栄養が不足してしまいます。 減らした糖質の分は、別の食材で補う必要があります。 どのような栄養素を足してあげたらいいのか、よく確認しましょう。

制限食を参考にして糖質オフ料理を学ぶ

食品によって糖質の多い少ないはわかっていても、色々な料理が食べたいものです。 それなら思いきって糖質制限食に頼れば、気兼ねなく食事を満喫できます。 何をどのくらい食べればいいのかわかってしまえば、ストレスは軽くなります。 複数の宅配業者のものを食べ比べて楽しむくらいの気持ちで、手軽に試してみませんか?